今こそ2020iPad Proを買うべき2つの理由

こんにちは。2021モデルの新型iPad Proに非常に惹かれているよってぃーです。
とは言っても今回は真逆のお話し。新しくなった新型iPad Proをあえてスルーして、今こそ旧モデルを買うべきでは?という話。

スポンサーリンク

新しいiPad Proは旧型より何がすごい?

新しいiPad Pro、確かに魅力的製品です。手放しに旧モデルを買えと言われても納得できないでしょう。
そこで、新しいiPad Pro(以後:2021モデルが旧モデル(以後:2020モデル)より何がすごいのか見ていくことにしましょう。

2021モデル2020モデル
チップApple M1Apple A12Z
RAM8GBまたは16GB6GB
ディスプレイ12.9”のみLiquidRetinaXDRLiquidRetina

値段は2020モデルがもう新品で手に入らない(Apple公式だと)ので、ここでは省略。進化したのは上記に挙げた3点のみ。
こうみると、1番すごいのはチップがApple M1チップになったこと。M1チップといえば、昨年のMacBookAirやProに採用されたAppleの自社製チップ。性能面ではすでに高い評価を得ており、これをiPadで使えるというのが今回のiPad Proのすごいところ。12.9”はProDisplayXDRと同じXDRディスプレイ採用で高いコントラスト比を獲得。これもかなり素晴らしいとレビューがYoutubeなどで散見されます。

しかし、落とし穴もある。

性能は向上!誰が使い切る?

高いチップ性能を有した2021モデル。ベンチマークスコアでもMacBookAirなどと同等の性能を叩き出し、2020モデルに対しても大幅な進化が伺えます。ただし、ここで1つ大きな問題が生じるわけです。

M1チップはその高い性能から、今までのPCの常識を大きく覆したと言っても過言ではありません。MacBookAirですら4K動画の編集が行え、その書き出しスピードも16インチMacBookProに比けを取らないレベル。静音性と熱効率に優れ、バッテリー持ちも大幅に向上。次世代Apple M2チップも楽しみな性能ですよね。
ただ、これは全てMacOSで動作するMacの話。iPadでは残念ながらiPadOSしか動作できません。いくらiPad ProのチップがMacと同等になろうと、OSの垣根を越えることは出来ませんから、所詮はiPadアプリを動作するしかないのです。

iPad版アプリも結構進化しており、動画編集のLumaFusIonやAffInity系の画像編集アプリなどPCでの作業に負けず劣らずのアプリも多数出ております。AdobeもLightroomやPhotoshop、Illustratorなどを iPadでもPC版と同等に使えるようにリリースを行っていますが、まだ機能面ではPC版に敵いません。A12Zから大幅に進化したM1チップですが、A12Zの段階でもう既にiPadに対しては十分すぎるスペックを持っていたのです。

今更過去モデルを買う理由

いよいよ本題です。
型落ちとなった2020モデルですが、なぜこのタイミングでおすすめするかと言うと、1つは中古品が少しずつ出回り始めるからです。2020モデルであっても性能は折り紙つきだったのも相まって、今こそiPadを買うなら中古のProがおすすめです。特に12.9インチの大きいサイズが欲しい人は絶対に中古で探したほうがいいでしょう。2021モデルのXDRディスプレイは確かに綺麗ですが、値段もその分プロ仕様に近づいています。

コンテンツ消費をメインとするiPadの中でもクリエイター向けにチューンされたのが Pro。他モデルとの特徴的な違いは4スピーカーと120Hzのリフレッシュレートを搭載したディスプレイ。このディスプレイとスピーカー性能はコンテンツ消費にも大きく貢献します。また、昨年デザインが Proへと近づいたiPad Air(4th gen)と競合にもなりますが、12.9インチの大画面は非常に便利だと思います。特に勉強で参考書のPDFとノートアプリをスプリットビューで開くなら大きい画面が断然有利。私自身は昨年に2020モデルのPro12.9”を購入していますが、非常に快適に使用できています。11インチと非常に悩みましたが、大きい画面を選んで大正解でした。特にMagic KeyboardのJIS配列は11インチ用だと少しキーが狭い部分があるのが難点ですね。

2つ目にiPad Proは息の長いモデルです。性能は発売中のiPadの中でも最上位。例えば無印であれば今でこそA12チップが搭載されていますが、昨年のアップデートまではA10チップ搭載のまま2年放置されていました。このA12Zチップは今後2年~3年はまだまだハイスペックなチップとして君臨することでしょう。昨年のAirで搭載されたA14チップもA12Zと同等の性能でしたからね。

スポンサーリンク

逆にM1iPad Proは何がいいのか

ここまでくるとM1iPadはちっともいいとこなしに見えますが、実際のところそんなことはないでしょう。
M1iPad Proがこのタイミングで出た、ということで来月に控えているWWDC2021で発表されるであろうiPadOS15ではM1チップを生かせる何かがくると思っています。

特に映像界隈ではAppleのFinalCutProのiPadネイティブ対応や、M1Macにいち早くネイティブ化したDaVinciResolveのM1iPad対応などが期待されていますね。それ以外にも、Adobe系のアプリの完全なネイティブ対応や、MacアプリをiPad上で動かすなどの動向も期待できそうです。

とはいえ、これらの機能はiPadユーザーの多くにはあまり影響のないこと。一部のヘビーユーザーやマニアを除いて、ですが。

今2020モデルを狙うなら整備済み製品がお得

少し話が逸れましたが、本題に戻って2020モデルiPad Proを買おうぜ!ってお話し。

Apple製品は基本的に廃盤になると新品購入ができませんが、公式サイトの1番下に整備済み製品という項目があります。

公式サイトの1番下、赤枠の部分だ

ここは常に更新されるいわゆるAppleの中古製品である。中古といっても下取りや返品、初期不良などで戻ってきた製品をApple自ら修理し販売しているという、車で言うならディーラーの認定中古車みたいなものである。しかもここから買うと1年間の保証がついてくる。

この記事を執筆している時点では2020モデルである第4世代の12.9インチiPad Proは売りに出ていないものの、その一つ前である2018モデルは売り出されている。こちらも性能は2020モデルに劣らない製品だ。RAMが1TBモデル以外は4GBしかないのがネックだが、少しでも性能のいいiPadを体感してみたい方はいかがだろうか。

というわけで、今回はiPad Proについてのお話し。タブレットはiPad最強の節があるので、少しでも安く高性能なiPadに触れたいところですね。皆さんの生活が豊かになりますように。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!