Youtubeを始めてからの一年を振り返ってみる

一年というのは早いもので、私がYoutubeに動画を投稿し始めてから早くも1年が経過したようです。

今回は、Youtubeを始めてからの一年をざっと振り返ってみたいと思います。始めた経緯、登録者の推移、かかったお金などなど、これからYoutubeを始めようと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

なぜYoutubeをスタートしたの?

Youtuberという言葉が世間に浸透したのは2013年ごろ、HIKAKINさんやはじめしゃちょーなど、今でもトップで活躍されるYoutuberの方がメディアなどで多く露出し始めた時期だと思います。
当時高校1年生だった私は、まだYoutubeというプラットフォームに対して興味がありませんでした。どちらかといえばニコニコ動画派でしたね。ちょうどボーカロイド全盛期だったころです。

というのも、Youtubeのイメージはサービス開始から間もない2008年ごろのイメージが強く、10分越えの動画はアップロードできなかったり、そのほかにも制約が多いイメージでした。
そんな中でYoutuberという職業が新たに生まれていることを知り、動画編集というものに多少の興味を持ち始めます。

時は進んで2020年、漠然とYoutubeへの興味はありつつも踏み出せないときに転機が来ます。大学院進学です。

以前の記事でもお話していますが、大学四年生だった2019年に就職活動に失敗し、大学院へ進学することにしています。ただ、不本意進学であることには変わりません。
大学院の2年間をただ研究に費やすのはもったいない、そう感じた私は今まで手を出さず仕舞いだったYoutubeを始めてみることにしたのです。

動機はたくさんありますが、一つは動画の発信を通じて自分自身の考えを広く知らせること、もう一つは新たな収入源になる可能性があることです。
もとから発信活動自体に興味もあり、せっかくやるなら自分の好きなようにやりたいという気持ちが背中を押して動画の撮影を始めます。最終的にそれがお金になるなら面白い、そう考えたのです。
加えて、学部卒の段階で就職に失敗しているので、大学院卒の段階でも失敗するような雰囲気を感じていました。実際失敗したのでその通りになるわけですが、生きていく術を得ようしたというのもあります。

1年間で登録者数はどれくらい増えた?

初の動画を投稿したのが2020年7月28日。ちょうど1年後の2021年7月28日の時点で登録者は588人。0からスタートして約600人弱の方がチャンネルを登録してくれました。

スタート直後は友達、部活、サークル、Twitter、アルバイト先などたくさんの場所で登録をお願いしていたので、実はスタートダッシュはそこそこあったのですが、それでもこの人数まで増えた非常にありがたいです。最近は少し登録者の伸びが頭打ち気味で、以前の月50人ペースから月15人ペースへと下がってしまいました。動画の方向性が最近は少し変わっているのも相まって、視聴者が離れてしまっている気もしています。
登録者数ベースで考えると、全Youtubeチャンネルのうち1000人超えのチャンネルというのは10~15%ほどのようです。私もその大台にたどり着きたい気持ちがありますが、私の一存でどうにかなる話でもありませんので、自分のペースでやっていきたいと思っています。

ちなみに、動画の再生数はトータルで15万回ほど。月400時間ほど再生されているようです。

Youtubeを始めるのにかかったお金は?

Youtubeをスタートにするにあたって機材的な部分で投資をしています。ざっとこんな感じです。

買ったもの金額備考
iPadPro約170000円動画編集機兼研究でも使えるデバイスとして
LumaFusion3600円iOS最強の動画編集ソフト。結構使いやすい。
AffinityPhoto/Designer各2400円iPad版Photoshop/illustrator
合計18万円くらい

初期投資はこれだけです。iPadだけでYoutubeの動画を出していらっしゃるYoutuberの方がいて、その方の動画を見て編集環境をPCからiPadに移行しました。
元々はPCでAviutlというソフトを使っていたのですが、今自宅のメインPCはfrontierのゲーミングノート。グラボを積んでいるとはいえ、16GBメモリでは動画編集には少し不向き。昔は十分だと言われていましたが、今ではスペック的に不足が大きいです。

iPadProでのエンコード時間はフルHDの動画で動画尺に対して半分ほど。対してPCだと動画尺の倍はかかります。エンコード設定なんかもiPadProのほうが簡単です。
とはいえ、もともとPCで編集していたのでいつかはPCに戻りたいと思っています。グラボが高騰している現在は見送りしていますが、なんとか近い将来編集マシンを用意したいところです。

iMac27インチの後継で、AppleSilicon搭載のものが出たらそっちでもいいなと思っています。

スポンサーリンク

再生数について

この一年間で60本以上の動画を投稿してきました。再生数に関しては結構幅があって、多いモノでは4万再生を超え、少ないものは二桁の状態です。

スタートが車の動画だったことも相まってか、車の動画のほうが基本的には再生されやすいようです。途中からガジェットの動画も出し始めていて、最近だと半々くらいになるようなイメージで動画を出しています。ただ、現在登録していただいている600人弱の方々の多くは車の動画望んでいるようです。ガジェット系はどうしても競合が多いので、私としてもなかなか大変だなと思っています。とはいえ、好きなことを動画として発信できるのがYoutubeですから、たとえ伸びないとしてガジェットの動画やそのほか車以外の動画も投稿していきたいと考えています。

安定して1000再生を超えると、チャンネルとしては安定感が出るような気がしますね。

今後の展望

2022年4月から僕は何の肩書もないただのフリーターになります。
一般的な大学院卒のレールである一般企業への就職もせず、かといって起業するわけでもなく、ただのうのうとYoutuberになろうとしているわけです。

ただ、結婚願望が強い私としてはとにかく平均レベルで稼げるようにならなくてはなりません。ヒモって選択肢もあるのかもしれませんが、一人の女性を幸せにするのが男の努めというものでしょう。
大切な女性を幸せに出来るだけのお金をなんとか稼ぎたいですね。愛も大事ですが、愛だけではどうにもならない。ま、今のところ結婚の予定はありませんけどね!

とにかく、Youtubeで1円でもいいので収益が入るようになるのが当面の目標です。Youtube収益化の条件は登録者1000人以上+直近12カ月の総再生時間4000時間以上。後者は達成済みなので、残り400人強の登録者が集まれば晴れてYoutuberを自称できるようになります。

スポンサーリンク

動画でも語るぜ※8月8日20時公開

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!